So-net無料ブログ作成
検索選択

野良女 [演劇]

iphone/image-20170408221939.png
 14時開演 シアターサンモール F列11番

 どこかでもらったチラシを見て、チラシとタイトルと「音楽オレノグラフィティ」というのが引っかかって買ったチケット
 アラサー女を描いた作品としては「東京たられば娘」に通ずるものがありますが、こちらはまだ三十路前の28歳。
 2年間セックスレスの独身派遣社員、不倫、DV、バツイチ遠距離恋愛。どれも一筋縄ではいかない女5人のガールズトーク。
 たぶんこの芝居、十人見れば十人が違った感想を持つんじゃないかな。肯定派否定派、誰かに感情移入しちゃったり、共感反発いろいろある。それだけ多様な価値観が凝縮されている話でした。
iphone/image-20170408221927.png
 今日のYWP、14850歩。
 さすがに新宿御苑に入ってまでポケモンを探す気にはなれませんでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海街diary [演劇]

iphone/image-20170402195038.png
 12時開演 新国立劇場小劇場 B2列16番

 原作も映画も観たことないけど、タイトルと四姉妹の物語ってことだけ知ってる。
 なんか日常的にありそうななさそうなほんわかしたお芝居でした。
 複雑な家庭環境で不倫をしている長女、相手が高校生と知らずに付き合っていた次女、父親が亡くなったことで同居することになった異母姉妹の四女。三女の影がちょっと薄かったかな。
 終末医療の問題や小児医療の問題なども取り入れられ、人の幸せって何なのか考えさせられました。
 音楽は生演奏で、歌もあり元気な舞台です。
 「カマドウマ」が重要なアイテムらしいんですけど、原作見ていないからよくわかりませんでした。
 チケットは当日渡しだったのですが、2列目で表情がはっきり見えてよかったです。
iphone/image-20170402195044.png
 今日のYWP、11241歩。
 新国立劇場へは湘南新宿ラインで行くなら、京王新線に乗り換えるよりも甲州街道を歩いた方がいいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラえもん「のび太とアニマル惑星(プラネット)」 [演劇]

iphone/image-20170401231606.png
 17時開演 サンシャイン劇場1階3列22番

 ドラえもんの舞台版を鴻上尚史が脚本・演出ってどんな芝居になるのか興味津々で見に行きました。
 お子様連れが多かったですが、前から2列目(1列が撤去されてました)だったので、落ち着いて見ることができました。
 ドラえもんが着ぐるみで、声を水田わさびがやっているのですが、他の役者は生声なのにドラえもんだけスピーカーから声が出るので、凄く違和感。かといって役者が全部マイク通すのも変ですしね。
 陳内くんのスネ夫もなかなかはまっていました。あの前髪は地毛ですかね。虚構の劇団のメンバーも何役もこなしていて、こっちの方が見ていて楽しかったかな。
 動物役はライオンキングに対抗して(?)のかぶり物。キリンや象、ゴリラなんかかなり頭が高くなってた。途中で歌うシーンもあり、子どもをあきさせないようにしているんでしょうね。そんなにぐずった声も聞こえませんでした。
 作品としては環境問題を取り上げて、人間の愚かさを描いていました。
 タケコプターで飛ぶシーンで、タケコプターが外れてしまったり、プロペラが回っていなかったりというアクシデントもありました。人形を飛ばすシーンは鴻上演出らしいところです。2幕で1時間40分。映画と同じくらいの尺ですね。子どもも大人も楽しめる作品だったと思います。
iphone/image-20170401231615.png
 今日のYWP、12709歩。
 ドラえもんも人間がやってくれればよかったのに。ゴジラだって人間がやるんだから。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鍵泥棒のメソッド@キャラメルボックス [演劇]

iphone/image-20170311222715.png
 17時開演 サンシャイン劇場1階20列28番

 先週観た「鍵泥棒のメソッド」、愚妻がオリジナルキャストの回をキャンセルしたので、サイド劇場を訪れました。
 愚妻はキャンセルしたチケットで当日券を買い、自分は「新人抜擢ステージ」の初日割りで半額の3500円。
 やはりオリジナルキャストの方が役の年齢に合っている分安心して見ることができました。小ネタもだんだん増えているし、おっかーとはたボンの掛け合いもどんどんおもしろくなっている。来週の大阪公演ではどうなっちゃうんだろうっていうくらい進化しています。
 映画と違って、そこで生身の人間がやっているってことが凄いんだよね。今回は後方の席だったので、台詞のないところでやっている裏の芝居や転換の方を見てました。
 桜井のアパートが「日の出荘」で、コンドウのマンションが「サンセットマンション」だったのね。対になっているの気付いていませんでした。
iphone/image-20170311222726.png
 昨日からねずみくんが靴を履いたそうです。
iphone/image-20170311222736.png
 今日のYWP、12373歩。
 新宿三丁目の手前で地下鉄が止まったので何事かと思ったら、14時46分でした。あれから6年です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鍵泥棒のメソッド(新人抜擢ステージ)@キャラメルボックス [演劇]

iphone/image-20170304225903.png
 17時開演 サンシャイン劇場1階6列17番

 主演を新人の山﨑くんと大滝真実ちゃん、そしてキャラメルボックスには2作目の出演になる石橋さんに置き換える新人抜擢ステージ。
 ある意味昼のオリジナルキャストの時に、頭の中で入れ替えた想定で見てました。
 実際にやってみると、やはり新人であるがゆえに、役の設定年齢である30代半ばにはどうしても見えない。20代半ばから後半がやっとって感じでした。どう見ても真実ちゃんが編集長としては若すぎる。
 山﨑くんも緊張してなのか、小銭をポロポロ落としちゃうし。
 逆に主役から解放されたおっかーとはたボンがやりたい放題。二人の掛け合いがねぇ。じっきーも役柄を変えるためとはいえセリフに訛りを入れるなんて。逆にこういう姿を山﨑くんやマミちゃんが参考にできるのかもしれません。
 そういう意味では新人に主演をやらせて経験を積ませるだけでなく、脇役として芝居にどう関わるかも学べるいい企画だと思いました。
 これからダブルキャストをやるならこういうパターンがいいんじゃないかな。
 それと、初期の作品の再演で、西川くんが20代でやった柿本光介を新人にやらせるとか、大森さんが20代でやったおばあちゃんを玲ちゃんにやらせるなんていうのもいいんじゃないかな。
 新しい作品は、年相応の人たちがやっているけど、昔の作品はみんな20代30代の人がやったんですからね。
 オリジナルキャストと新人抜擢ステージ、どちらも気になったのは、部屋の中に入っても靴を履いたままなこと。コンドウのマンションはともかくとして、桜井や綾子のアパートは靴のままじゃ変でしょ。靴の処理が大変なのはわかるんですけどね。
iphone/image-20170304225950.png
 トーク&フォトに使ったギアハートデザイナーさんが平面から立体を作ったらしい。
iphone/image-20170304225847.png
 キャンセルしたおっかーデザインのチケット。
 色々まとめて載せておきます。
iphone/image-20170304230011.png
 今日のYWP、12887歩。
 新人抜擢ステージも初日割引の対象になるのはちょっとラッキーかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鍵泥棒のメソッド@キャラメルボックス [演劇]

iphone/image-20170304225857.png
 12時開演 サンシャイン劇場1階7列17番

 内田けんじ監督の映画を舞台化したこの作品、3年ぶりの再演です。
 初演ではダブルキャストで別々のチームだったはたボンとおっかーが共演し、ヒロインにはじっきーが参戦。初演ではいかに映画に近づけるかという感じでしたが、今回の再演は演劇として作り直した感じ。
 ゲストの二人が劇団員には出せないいい味を出している。
 オープニングのもりめが最初誰だかわからなくて、安理ちゃんかと思っちゃいました。かつらってイメージ変わるよね。
 お父さん結婚式用DVD、やっぱ泣けちゃいます。
iphone/image-20170304225937.png
 今回のみきまるです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

皆、シンデレラがやりたい@M&Oplays [演劇]

iphone/image-20170219180005.png
 14時開演 本多劇場J列16番
iphone/image-20170219180011.png
 本日の2本目は本多劇場。高田聖子と小沢道成が出演ということで目をつけた作品です。
 「シンデレラ」ってガラスの靴を履いてかぼちゃの馬車に乗るやつかと思ったら、全然違うのね。ラストシーンでやっとわかりました。
 こっちの芝居はアラフォー(?)のおばさんが主人公。イケメン男子の追っかけ仲間が集まるんだけど、その男子の彼女がネットに写真を投稿して大炎上。その顛末のお話。
 こういうおばさんたち、いそうですよ実際。アイドルグループ追っかけてるオタク系男子もそうだけど、アイドルが身近になってなんか勘違いしてる人結構いるよね。ただ見守っているんならいいんだけど、自分が特別な存在だって思っちゃう。商売する方にしてみればいい鴨なんだけどね。一線さえ超えなければだけど。
 そして最後のどんでん返し。これも一本取られました。そこにオチが来るかぁって。
 まあ、そこで終わらずに華やかに終わったからよかったけど、ありそうな話だよね。
 お金の価値というか、対価というか、どこにお金をかけるかって人それぞれなんだけど、結局は自分の心を満たすためにやっているんだよね。
 そう考えると自分は安上がりなんでしょうかね?
iphone/image-20170219202042.png
 今日のYWP、8398歩。
 ポケモンGOでは10km歩いたってでたんだけどなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

柔道少年@Dステ [演劇]

iphone/image-20170219175952.png
 10:30開演 ザ・スズナリ B列1番
iphone/image-20170219175958.png
 正しい演劇人(?)は絶対活動していない午前中。いくら追加公演とはいえ、この開演時間はすごいです。渋谷駅の乗り換えも人がほとんどいない状態。
 おかげで午後から本多劇場と二本立てができました。
 キャラメルにも出演したD-Boysの池岡くんと三津谷くんが出演しているので見に行きました。当然のことながら客席の90%は女性。
 韓国で上演された台本を日本に置き換えたということでしたが、熱血スポ根恋愛ドラマでした。出演者たった6人しかいないのに、何役あったんだ?池ちゃんも三ちゃんも早替えご苦労様でした。
 やはりキャラメルに出演した梶くん、陳内くん、山田くんがネタに上がってきたときは、昨日と違ってしっかり乗れました。やっぱりここは大事ですね。
 紅一点の桜井美南ちゃんが可愛くて。あ、みんな役名は芸名でした。
 場面転換は暗転ではなく、役者が道具を運ぶのはキャラメルの演出を取り入れたのでしょうか。
 とにかく見ていてわかりやすいし、一緒に笑えるし、途中の体操は遠慮しましたが、とっても楽しめました。
 スズナリの狭い空間だったから、あの濃密さがあるんですよね。あれをサンシャイン劇場じゃできないでしょう。
 やっぱD-Boysいいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

舞台増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和〜奥の細道、地獄のランウェイ編〜 [演劇]

iphone/image-20170218212647.png
 12時開演 ラフォーレミュージアム原宿 L列16番
iphone/image-20170218212654.png
 阿部丈二主演のお芝居。
 「ギャグマンガ日和」と言うからにはギャグがいっぱいあるんだろうんと思って行ったんだけど、全然笑えなかった。
 いや、周りの人は笑っているんだけど、何が面白いのかわからない。ギャグなのか、キャラなのか、役者なのか。やっぱり原作ものは原作読んでから行かないとダメなのかなぁ。
 ストーリーもあるようなないような。奥の細道、赤穂浪士、西遊記などベースにあるストーリーがオムニバスというかごちゃまぜというか、混じっているようで混じっていない感が見ていて気持ち悪い。どっちつかずっていうのがダメなんだろうね。
 ライブビューイングするほどの人気作という割には空席も結構あった。圧倒的に女性客が多いところから言っても、多分イケメン俳優を見に来ているんだろうな。これが2.5次元なのかなぁ。
iphone/image-20170218212706.png
 今日のYWP、8874歩。
 20年振りくらいの原宿で、ひたすらポケモン獲ってました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BIOHAZARD THE Experience [演劇]

iphone/image-20170211204053.png
iphone/image-20170211204046.png
 12:30開演 Zeepブルーシアター六本木 4列38番

 なんかはずみで買ってしまったチケット。
 映画ゲームとの接点が何もないので、それらと共通する部分があったのかどうかもわからない。
 とにかく音がすごい。重低音が劇場そのものを揺らしている感じ。腹に響きすぎて食べたものがリバースするんじゃないかと心配になった。実際舞台上で吐いてたし(それは演出)。そのおかげで寝ることもなく見ることができました。
 ウィルス感染による人体強化及びその兵器化を企む悪玉が、人体実験のために行ったリアル脱出ゲームという筋書き。
 ラストの暗転に銃声が響いて、どっちを撃ったのかは観客にお任せという投げっぱなしの終わり方。あんまり好きじゃないんだよなぁ。
 登場人物もあんなに必要だったのだろうか?2、3人削っても問題なさそうだったけど。映像ならともかく、舞台であの展開はちょっときつかった気がします。
 あれだけみんな返り血浴びて汚れているのに、篠田麻里子だけ綺麗すぎ。リアル感ないよねぇ。FBIだかSPだかの女社長さんと東幹久の関係もよくわからない。まあ戦争が必要悪だっていうことには色々ご意見もおありだと思いますけどね。もう少し人間ドラマが欲しかったなぁ。
iphone/image-20170211204107.png
 今日のYWP、12017歩。
 東横線で寝ると中目黒を過ぎるまで起きない体質になっているのだろうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る