So-net無料ブログ作成

珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは [読書]


珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 岡崎 琢磨
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/03/24
  • メディア: 文庫

 読了
 今回は美星が出場する関西バリスタコンテストに関わる事件。
 2年前の前回大会に起きた事件と、今大会で起きた事件。その二つを繋ぎ、事件を解決していくストーリー。
 相変わらず綿密に張り巡らされた伏線と、それを回収していく手際よさ。若干突発的な都合のいい話もあったけど、概ね納得のいくものでした。
 バリスタという職業が社会的認知されてから、まだ日は浅いですが、それを広めていこうという姿勢は感じられます。
 人の死なないミステリーは安心して読めるからいいですね。
image.jpg
 今日のYWP、1945歩。
 連休最終日はのんびりしていました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トリガール! [読書]



 読了
 映画化された小説。映画を観る前に読んでおこうと読みました。
 工学部に入った女子大生が、ひょんなことから「鳥人間コンテスト」に出場する話。
 ある意味スポ根ものですね。
 人力飛行機のパイロットって操縦者ではなくエンジンなんです。体重を絞りながら出力を高めていかなければならない。
 この話の中で出てくる機体は、コンテスト唯一の2人乗りプロペラ機。この2人って言うのがみそなんですね。
 若干のラブコメあり、大空を目指す青春ものでもあり、読みやすい一冊でした。
 映画ではアルバトロス(鳥人間コンテストに出場する機体の名前)が飛ぶシーンがあるのかどうか。でも観に行く暇があるのかなぁ?
iphone/image-20170917200815.png
 今日のYWP、676歩。
 荒れた天気に外へ出る気にもならず、読書とビデオ鑑賞で1日過ごしました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スロウハイツの神様(下) [読書]


スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫

 読了
 夏休みの宿題、ぎりぎりで終わらせました。
 下巻は最後のネタばらしの部分なので、大筋舞台版と一緒。環の彼氏の話が加わった感じかな。すーと正義の話も詳しく書いてあった。ただ、鼓動チカラの下りはもう少しコウちゃんが活躍してもよかったんじゃないかと思うし、幹永舞の件はあっさり過ぎて真相がはっきりしていない。
 姉妹が離れて暮らしていた頃のエピソードと、コウちゃんの回想がこの話のキモなんだと思うんだけど、結局コウちゃんは環のことを見守っていたことは、環には明かしていないんだよね。「お久しぶり」の台詞は最後でも出てくるけど、この後は読者に任されているんだろう。2人の関係は進展するのか、このままななのか。恋愛関係じゃないとは思いますけどね。
iphone/image-20170820211414.png
 今日のYWP、4679歩。
 マリノスもヴィッセルも負けなかったということで、ちょうどいい落としどころだったのかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スローハイツの神様(上) [読書]


スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫

 読了
 先月見た舞台の原作本。
 舞台化したときにカットした部分と、先が分かっちゃっている部分がまぜこぜになっている。
 それぞれのキャラが役者と重なるのは、先に舞台を見たせいだよね。本が先だとイメージがずれることもあるけど、今回は先に舞台を見たから読んでいても目に浮かぶのが舞台のシーンだったりする。
 この前の「君の膵臓をたべたい」も映画が先だったから同じパターンですね。
 原作だと時系列が飛び飛びになっていて、いきなり回想になったりするので、ちょっと違和感がある。そこは想像力の問題なんだろうけど、もうちょっと説明が欲しいかな。
 上巻でいろいろと種を蒔いて、下巻で回収するって感じ。結局コウちゃんは天使ちゃんに本当のことを言ったんだっけ?
iphone/image-20170807200110.png
 今日のYWP、2325歩。
 台風がどうなるか。明後日飛行機が飛ばないとどうなるんだ?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る [読書]


珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)

  • 作者: 岡崎 琢磨
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2013/04/25
  • メディア: 文庫

 読了
 美星バリスタの妹、美空が登場しアオヤマさんと美星の関係に微妙な影を落とす。
 美空の持ち込んできた手紙の謎、家庭科部の女子高生、謎のジャーナリスト。美星バリスタは次々と謎を解決していくのだが。
 後半には緊張したサスペンスもののドラマが用意されており、美星の家族関係も明らかにされる。
 彼女が見た「カフェオレの夢」とは何なのか。アオヤマとの恋の進展はあるのか。ますます眼が離せません。
iphone/image-20170726210026.png
 今日のYWP、2741歩。
 1日デスクワーク。涼しかったのでエアコンを切って丁度よかったです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

君の膵臓をたべたい [読書]


君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

  • 作者: 住野 よる
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2017/04/27
  • メディア: 文庫

 読了
 試写会の翌日、職場の司書さんに「『君の膵臓をたべたい』ありますか?」と尋ねると「ハードカバーと文庫の両方ありますよ」という返事。「誰か借りてるかもしれないし、文庫が出ているんなら、自分で買います」と言ったのですが、図書室の前を通りかかったときに、「文庫ありますよ」と言われてそのまま借りてきてしまいました。
 三連休の移動時間に読んでいたら、すぐに読み終わっちゃった。
 映画はある程度原作の通りに進んでいました。12年後の僕が出てくる映画版で、12年後に発見された手紙は、原作では共病文庫のあとがきに書いてあった。
 映画では出演者を増やしたかったんだろうけど、12年は長過ぎ。原作のままで十分良かったと思いました。
 【地味なクラスメイトくん】が【仲良しさん】になって、最後には【?????】となってしまったのは、2人の関係を読者に委ねたから?
 お互い相手に恋していながら、目の前に別れがあることを知っているので言い出せないままに終わってしまった。そういう意味では恋愛小説ではないのかもしれない。だけど、2人は確実に相手のことを思いやり、気持ちを、行動を変容させる存在になっていた。この微妙な関係を何と呼べばいいのだろう。
 それとこの小説には固有名詞がほとんど出てこない。「学問の神様の近くで売っている、梅のお餅」と言った具合に、登場人物の名前を出さないことと関連させているのかもしれない。
 映画を先に見てしまったので、頭の中では映画のシーンが再現されてた。あの愛くるしい笑顔はたまりませんね。
iphone/image-20170718215052.png
 今日のYWP、7004歩。
 名台詞も結構あったよね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水鏡推理の新刊はまだ? [読書]

 万能鑑定士Qシリーズや特等添乗員αシリーズは結構早めに出ていたのに、水鏡推理シリーズが止まっていますね。
 文科省を舞台にするなら、小学校や大学の獣医学部新設問題などネタはたくさんあるのに、落としどころが難しいのか、はたまた大人の事情なのか。
 今までタイムリーな話題を使って作品を仕上げてきたので、今回も期待しているんですけどね。
 そういえば、地磁気の話題で千葉の名前が時代の名称になるかもしれないという。地磁気逆転現象も水鏡推理で扱ってました。
 まあ、今は「タレーラン」シリーズを読んでいるので、しばらくは新しいシリーズを探さなくていいのですが。
iphone/image-20170617214309.png
 今日のYWP、7104歩。
 早寝早起きしたいんだけど…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蜜蜂と遠雷 [読書]


蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: 単行本

 読了
 芳ヶ江国際ピアノコンクールに出場するピアニストたちを主人公に、物語は進んでいく。
 直木賞受賞作品であり、本屋大賞受賞作でもある。
 次々に紹介されるクラシックの曲が物語と一緒に頭の中を流れてくれると、この作品の印象はもっと違うものになったんだろうと思う。
 風間塵という一人の少年が投げた波紋が、次々と広がり、共鳴し、コンテスタントたちの考え方を、音楽観を、人生を変えていく。
 章によって主人公が代わり、誰に感情移入するのかによっても見方が変わってくるのだろう。音楽を外へ連れ出す。凄い発想だと思う。
 2週間にわたる1次予選から本選まで、実際に聞き続けたら自分にも世界が見えてくるのかな?
iphone/image-20170605214014.png
 今日のYWP、7341歩。
 久し振りに声を出したら、すぐ喉に来てしまう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの入れた珈琲を [読書]



 読了
 ミステリーというか謎解きですね。事件じゃなくて、何気ない日常。それでいてラブコメ。そしてまさかのどんでん返し。
 主人公のアオヤマがずっとカタカナ表記なのが引っかかっていたんですけど、まさかあんな仕掛けがあったんですね。思わず前の方のページを見返してしまいました。
 純喫茶「タレーラン」のバリスタ美星さんとのやりとりで、後半はサスペンスタッチになったものの松岡圭祐作品ほど突拍子もない事件は起こらない。
 最終章を読んでしてやられた感が強く、これが映像作品ならわかりやすくて逆につまらないんだろうと思った。何より読者の思い込みが作品の面白さを引き出すんですからね。
 種明かしが済んでまた読み返すと、うまく作られていたことがよくわかります。
 このシリーズ、現在5巻まで出ているんだけど、この後の展開がどうなるのか楽しみです。
iphone/image-20170505200845.png
 今日のYWP、1439歩。
 連休中日、1日のんびり過ごせました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビブリア古書堂の事件手帖7〜栞子さんと果てない舞台〜 [読書]


ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 文庫

 読了

 シリーズ完結です。
 「ああ、そういう終わり方なのね」というのが率直な感想。栞子さんと大輔くんのラブストーリーだったんだ。智恵子と栞子の決着はなんか中途半端なままだし、「晩年」の話は前回で完結したのかな。
 しかも7年かけてここまできたけど、物語では2010年〜11年の一年間の話だったのもびっくりでした。
 シェークスピアの話は今年の初めに上川隆也がやった芝居で見たけど、当時の本がこんな風に作られていたんですね。本の装丁を作り替えるなんてびっくり。確かに時間が経てば傷んでくるんだからそれは合理絵的でもあったんだろうけど。
 実写&アニメ映画化決定で、小説もスピンオフを書いていくっていうからまだまだ作品としては続くんでしょうね。
iphone/image-20170423193924.png
 今日のYWP、4958歩。
 久々に爆睡の休日でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る