So-net無料ブログ作成

ランペイジ巨獣大乱闘 [映画]

4D7F9F29-4B79-4119-A10F-DC37F133ABAE.jpeg
IMAG0321.jpg
 イオンシネマの試写会が当たって観に行った。
 タイトルは「キングコング対アンギラス」が適当かと思います。DNAを操作して動物を巨大化させ、他の動物の性質も取り込む。そんな生物兵器の開発から生まれた巨大化したゴリラ、オオカミ、ワニが暴れ回る。
 ラスボスがワニなんだけど、この姿はどう見てもアンギラスでしょ。ゴリラが解毒薬で人間の味方になるんだけど、手話で人間と会話するのは猿の惑星と同じだよね。
 シン・ゴジラと比べるとアメリカ軍はああも簡単に武力行使ができるわけだ。
 傭兵上がりの大学教授とか設定がアメリカだよね。
 しかも終わり方はちゃんと続編が作れるようになっている。きっとあのラットが暴れるんだろうなぁ。字幕を追うのが苦でない程度の台詞の少なさなので、別にドラマ性はない。町を破壊するシーンを見て興奮するだけの映画ですね。後先考えないところもアメリカらしさなんでしょうね。
image.jpg
 今日のYWP、6428歩。
 平日の夜もこの時間なら観に行かれるかな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱 [映画]

98603753-7DC8-48BB-9BC0-AD3B2F5F4B3A.jpeg
 去年1200円で買ったイオンシネマのチケット。利用期限が今月末。この前「ちはやふる」を見に行く時に使う予定だったのが、夫婦50割引を使ったため残ってしまった。
 いや、その時に使っても良かったんだけど、二人で2200円と一人分1800円は1200円のチケットの価値が400円に下がってしまうのでいやだったんです。
 とはいえ、今月のスケジュールを見ると、映画を見に行かれそうなのは今日と30日。でも30日はハッピーマンデーなので1100円で映画が観られる。と言うことは1200円のチケットを使ったら損しちゃう。

 そんなわけで行って来ました「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱」。しんちゃんかコナンか一瞬迷ったけど、やっぱり日本アニメはしんちゃんでしょう。
 でも今回は春日部防衛隊が主役の回。ちょっとグレードが下がるんだよね。野原一家が主役の回の方が泣けるし感動する。
 黒パンダラーメンはあまりにも唐突で、売り上げを伸ばすのが目的ならあんな成分は必要ないし、奥義の伝承者が宇宙人だもんなぁ。笑おうとしても声が出なくて笑えないし。
 やっぱり「ロボ父ちゃん」や「アッパレ戦国大合戦」「オトナ帝国」ほどのものはなかなか出ませんね。ジブリが勢いなくなっちゃって、細田監督に期待したけど、しんちゃんシリーズの方が安定した安心感がありますね。あとはドラえもん同様、声優さんの交代時期かな。ルパン三世がテレビでしかやらなくなっちゃったし、日本のアニメはどうなっていくのでしょう。
image.jpg
 今日のYWP、6817歩。
 予告編見ていると、土屋太鳳の制服姿が痛くって。いい加減高校生役は無理があるでしょ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちはやふる 結び [映画]

E077F57E-87D4-4651-881E-6D016CF38E87.jpeg
 見てまいりました。
 上の句が1年生、下の句が2年生、そしてこの結びが3年生、3度目の近江八幡です。
 新入生の獲得から、新のカルタ部創設、太一のリタイア、都大会での敗戦、などなどいろいろありました。
 今回の主役は千早よりも太一ですね。カルタというよりも人としての成長が描かれている。
 そしてもうひとつが歴史。千年以上前に作られた歌が,今もこうして残っている。シェイクスピアでさえ400年前だから倍以上古いよね。「千年後に何を残せるか」という壮大なお題は難しいし、検証できない。残そうと思って残せるものではありませんからね。枕草子や源氏物語のように千年後の国語や歴史の教科書に載るのは何なんだろう。
 そう考えるのカルタも奥深いです。また、三十一文字に込められた、一瞬に何があったのか。今回は「恋心」がテーマだったけど、奏ちゃんのように古典に関心を持つ人も増えてくれるといいと思いました。
 ラストは、なんだかなぁでしたけどね。
image.jpg
 今日のYWP、3457歩。
 湯河原からの映画館。ま、そんなものかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マジンガーZ INFINITY [映画]

913EA82D-7868-424E-9DB9-65F5E35CB5EF.jpeg
 今年の初映画です。
E6D6D7C6-FBFF-483C-954D-CBE7EB0438D7.jpeg
 マジンガーZ。40年以上前のテレビアニメの続編という設定。最終回の10年後を描いています。
638CECFC-D458-47A5-A90F-FA377763389F.jpeg
 それぞれが10歳歳を取っているので、兜甲児は28歳の研究者、弓さやかは光子力研究所の所長になってました。
 最初のシーンでグレートマジンガーが出てきて、持てる武器を片っ端から出していく。グレートブースターだけ出せなかったんだよね。
97AACD5E-A826-4DF3-AAED-E8F87B452BEF.jpeg
 グレートマジンガーにしてもマジンガーZにしても、装甲がつぎはぎだらけになっちゃって、簡単に壊れちゃいそうなイメージ。実際に稼動させることを考えてリアルに作ったんだろうけど、それならドリルミサイルやミサイルパンチの弾倉やアイアンカッターの収納部なんかも考えて欲しかったです。
 スポンサーがついているのか、NISSANやVAIOのロゴが出てきてしっかり写ってる。まあ、大人の事情ですね。

 それにしても、まさかマジンガーZで泣くことになるとは思ってもいませんでした。光子力研究所のプールからマジンガーZがリフトアップしてきたところで涙腺崩壊。そして甲児とリサの下りでも涙があふれてきた。歳取ると涙腺が緩むからなぁ。
 マジンガーZにエネルギーが集まるところは、ウルトラマンガイアでもあったよな。マジンガーZが巨大化した時、兜甲児も巨大化したのかしら?そのあたりは映さなかったよね。
 平行宇宙や高エネルギーにおける量子力学的な話が出てきて、難しい話で誤魔化してた感もあるけど、やっぱりマジンガーの原点は「神にも悪魔にもなれる」という兜十蔵の台詞。これがINFINITYにも受け継がれている。INFINITYがミケーネの遺産なのか、平行宇宙からやって来たのかわからないけど、絶対的な力は持っていますからね。
 Dr.ヘルの世界征服の目的が明らかになるのも斬新でした。富や権力、名声ではないんですね。たしかに世界を征服して何になるのか。全てを自分の意のままに操ることなんかできるはずもない。人類の弱点が「多様性」なら、結局いくつもの正義がぶつかり合うだけで、そこに人類の存在価値を見いだすのかどうかという、結構難しい話にまで進んでいく。ここまでくると、たしかに解決策はないわけで、その先に進むにはリセットするしかないという結論も一理あるわけです。
 そういう意味では勧善懲悪のロボットアニメではなく、現代の人類の問題をも見据えた話の展開になるよう作られているし、随所に出てくる子どもの姿が人類の未来に希望を与える存在になっているんだろうと思います。
 旧作をこれだけ進化させることはできるのに、どうして新作が誕生しないのだろう?昭和のおじさん達をターゲットにして商売するのもいいけど、やはり平成にこの作品有りというのが欲しかったなぁ。

 来月にはタツノコプロ55周年でガッチャマン、テッカマン、破裏拳ポリマー、新造人間キャシャーンが3DCGで勢揃いするそうです。平成の終わりに昭和の作品の続編ができるのはいいけど、やっぱり平成の終わりは平成の作品に締めて欲しいなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年観た映画 [映画]

2017映画鑑賞記録

3/25 チア☆ダン
7/13 君の膵臓をたべたい
8/23 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
9/18 トリガール
9/24 ナミヤ雑貨店の奇蹟
10/23 猿の惑星 聖戦記
11/26 GODZILLA 怪獣惑星
12/26 スター・ウォーズ最後のジェダイ
締めて8本。

 最近は子どもと一緒にアニメを観に行かなくなったので、ドラえもんやしんちゃん、ポケモン、仮面ライダーがなくなって一気に減りましたね。
 猿の惑星はシリーズ完結編らしいので、今までの流れで観に行きました。旧シリーズだともう一本あるんだけどね。人と猿が入れ替わったのは、新種のウイルスのせいだということです。
 ナミや雑貨店は、映画にするとこうなるんだろうなぁという感じ。西田敏行がよかったですね。川原さんがやったらどうなってたんだろう。
 一番よかったのは君膵かな。いい意味で予想を裏切ってくれました。小説をあとから読んだせいもあるけど、小栗旬はいらなかったかも。チア・ダンが青春の陽の部分だとすれば、君膵は陰の部分になるんだろうな。でも精一杯生きる姿に変わりはないわけで、憧れちゃう部分です。

 来年はまず、マジンガーZとちはやふる結びですね。ハン・ソロも控えてます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スター・ウォーズ 最後のジェダイ [映画]

5E1EC424-4773-4D42-A57C-0323B1321BCF.jpeg
 公開から10日以上経ってやっと観に行きました。
 「フォースの覚醒」の時は公開直後と年明けの2回観に行ったけど、今回は行かれるかなぁ。
 この後はネタバレ満載なので、見たくない人はここまでにしてください。
ABF4DA73-541B-4505-A6EA-A06154EB4F96.jpeg
 この2枚組のポスターの意味、まさかああなるとはね。事前情報で、レンとレイが光と闇を入れ替えるんじゃないかとか言われてたけど、二人が共闘するとは思いませんでした。
 前作のラストがレンとルークの出会いだったので、当然そこから話はスタートするものだと思っていましたが、やはりスター・ウォーズのオープニングはセオリー通り字幕から宇宙空間の戦闘シーンでしたね。そこでローズの姉の話とか伏線が張られて。でも今回は大勢死にすぎですよ。
 ルークとレンの絡みは、ちょっとじれったかったけど、レイがフォースに目覚めたことに対して、もう一人のレイを生み出さないようにしたかったのかな。
 ルークがレイに伝えたかったこと、レンに伝えたかったこと、そしてヨーダがジェダイの歴史に幕を下ろしたこと。過去の三部作二作目は物語の転機になる話だけど、今回はかなり大きな転機です。
 カジノのシーンからDJの下りは、「帝国の逆襲」のランドカルリシアの部分に通じるものがあるかな。あっさり裏切っちゃったけど、次作にまた出てきそう。あの子どもたちも成長してレジスタンスに加わるんだろうな。
 レイ、フィン、ポーの3つのストーリーが並行して進行していったけど、宇宙船の燃料切れまでの時間がリミットだったんでしょ。なんかずいぶん時間がかかってた気がするけど、そのへんは大人の事情でしょうか。
 レンの本当の名前がベン・ソロっていうのはベンケノービから取ったのでしょうね。父親は殺したけど、母親には引き金が引けなかった。このあたりも最終作に関わりそうだけど、キャリーフィッシャーはもういないわけで、そこをどうするのかも次作での楽しみでもあります。
 それにしてもレイはどのタイミングでファルコンに乗り込んだのだろう?ルークと別れるところ、レンと別れるところがなかったよなぁ。
 それでもスター・ウォーズはワクワクしちゃいます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GODZILLA 怪獣惑星 [映画]

81A2DF5C-896D-482A-872D-6681F17A0A50.jpeg
 アニメ版ゴジラを見てきました。
8E74869A-52F2-4A53-82F6-126216E7CBFE.jpeg
 実写版との絡みは基本的にないんですよね。強いて言えば怪獣大進撃あたりですか。怪獣がたくさん出てきて、宇宙人まで絡んでくる。
 そもそも、ゴジラのテーマすら流れないんじゃゴジラと言っていいのかどうか。
F8BA1174-7AB3-4798-BE96-0F1F020BB7D2.jpeg
 宇宙旅行をして、亜空間飛行まであり、宇宙人と共闘してゴジラと戦う。しかもエアバイクだとかがガンガン空中戦をやる。
 そしてラストシーン。続編ありきの作り方。ラスボス登場で終わるってあり得ないでしょ。それともあれもラスボスじゃない?
 思いっきり特攻精神だったり、分からず屋の年寄りがいたり。設定が昭和だよね。まあ、アニメだから人間ドラマや現実的なものじゃ持たないのか。
image.jpg
 今日のYWP、2857歩。
 続編は5月だって。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

猿の惑星 聖戦記 [映画]

EA6F61B4-A08F-4BAB-9BBA-5053535D5F69.jpeg
 台風の影響で今日は臨時休業。午後から有給休暇を取って映画を見に行きました。
 新シリーズの猿の惑星はここでひとまず終了らしい。旧シリーズに繋がるラストがあるというので、ここはやはり自由の女神が出てくるんじゃないかと期待したんですけどね。
 新シリーズの発端はサンフランシスコで、ゴールデンゲートブリッジも出ていた。今回砂漠を越えて安住の地へというから、東海岸まで行くと思ったんですけどね。
 猿を進化させたウィルスが、人間から言葉を奪って退化させるというこの発想は凄いです。
 そしてシーザーが言葉を失った少女と一緒に行動を共にする。モーリスが旧作で人間と猿の歴史を話すシーンを彷彿とさせました。
 生き残ったシーザーの息子、コーネリアは旧作で過去に行ったコーネリアになるんでしょうかね?
 これで終わりという説と、まだ続編ができるという説がありますが、どうなることやら。
 それにしても、あの少女以外に人間の女性が出てこなかったのも何かの伏線なのでしょうか?
image.jpg
 今日のYWP、3947歩。
 臨時休業はいいけど、その穴埋めが大変です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナミヤ雑貨店の奇蹟 [映画]

A2E07452-9EBB-46D4-A6B2-7F9B5C919E48.jpeg
 見てきました。
 Hey! Say! JUMPが出ているらしく、女子中高生が結構いました。
 話はすっかりわかっているので、どんな風に映像化されているのかを見るつもりでいったのですが、浪矢さんと暁子さんの関係がわかりづらい。2人の駆け落ちシーンがなく、園長先生の話だけ。
 映像が過去と2012年を行ったり来たりいて、さらに○年後なんてなる。手紙に日付があったりするし、そもそも手紙自体がきちんと読まれていない。
 最初から魚屋ミュージシャンからの返信を待っているっておかしくない?すぐに返信が入ってくるところから、あの夜のことがわかるのに、途中に過去の映像が入ったりしたら時間が経ったようにも見えちゃう。
 グリーンリバーの娘の話では、母親が娘を助けた部分が抜けちゃってる。赤ちゃんの体重、健康状態は重要な台詞だと思うんだけどなぁ。
 迷える子犬は、そもそも大伯父夫妻の家の話に娘夫婦が出てこない。あの屋敷を守る話がないままラストにいっちゃう。
 映像で時空を越えるのが簡単にできちゃう分、余計なつなぎも増えたのかなぁ。同じ2時間でも芝居の方が情報量も多かった気がする。主役が浪矢さんじゃなくてHey! Say! JUMPの方に行っちゃったせいもあるかなぁ。
 原作からは大きく逸脱することなくできてはいたし、それぞれの話のクライマックスにはちゃんと泣けたから良しとしましょう。
image.jpg
 今日のYWP、3597歩。
 若い人が全然わからないのは歳を取った証拠ですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トリガール! [映画]

iphone/image-20170918202855.png
 何とか早起きして見てきました。
 琵琶湖の湖面や空よりも、コクピットの中ばかりで思ったほど飛んだ気はしなかった。
 さらには、坂場先輩がイケメン過ぎ。「飛ばない先輩はただのブタ野郎」の台詞がカットされ(大人の事情もあるんだろうけど)、圭が部長になっている。ペラ夫先輩はよかったんだけど、ゆきなちゃんの方を向いちゃダメでしょ。
 そもそもサークル名から違うし、部員たちがダサダサ。もっと理系のかっこいいエンジニア集団のイメージだったので、なんでみんな眼鏡男子?
 和美ちゃんはプロペラ班じゃなくて広報班ってそんなのなかったじゃない。

 2年前の墜落シーンから始まって、最後にアルバトロスを墜とすところで坂場とゆきなの葛藤があるはずなのに、それがない。いや、ラストの所はないわけじゃないんだけど、坂場の「墜とせない」って台詞がなかったんだよね。ゆきながパイロットになる時の「墜とします」って言ったあとの、部長の台詞が丸々カットされてたから。だからあの2人の「飛びたい」「墜とすぞ」のやりとりが原作を読んでなければわからなかった。
 まあ、テレビ放送用に最初から尺決めて作っているからだろうけど、そもそもゆきなと圭のラブコメが、ゆきなと坂場になった時点で違う話だよね。原作通りにやる映画なんてないから仕方ないのかな。
iphone/image-20170918202907.png
 今日のYWP、3560歩。
 ケツガタプロジェクトも見たかったんだけど、そもそもシートの形が違うもんなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る